パリファッションウィーク『PASKAL』


2018s/s パリファッションウィークが始まり、一番初めに取材したのは’ PASKAL’ 。

2013 年ジュリーパスカルによってスタートされたこのブランドは、昨年よりパリでショーをスタート。今回の会場は白を基調としたパリ市内のギャラリーにて行われた。雲の形をメインテーマにしたルックたちは、レーザーカット加工や、ギャザーによるシルエット構成により、そのテーマを表現していた。

マーマレードカラー、ターコイズ、ジューシーグリーン、サンセットピンク、ナイトブルーなど空の色からインスパイアされた各ルックがフィナーレで並ぶ様子は、空の様々な表情の変化やそれぞれの美しさを感じられた。サンセットピンクのルックではネオプレーンメッシュが採用され、ボリュームがありながらも軽やかなワンピースが実現した。

PASKAL Clothes Website

paskalclothes.com

#パリコレ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。